1. 横河ディジタルコンピュータ ホーム > 
  2. 製品・サービス情報 > 
  3. 動的解析ツール > 
  4. TRQer
  5. [ English ]

動的解析ツール
  • システムマクロトレース
  • TRQer
  • DS-5 (Streamline)
  • RVDS (ARM Profiler)
  • カーナビ資料ダンロード
  • カーナビ資料ダンロード
  • まずは、お気軽にご相談ください お問い合わせ・資料請求・お見積り メールでお問い合わせ

TRQer

特長

指令!大規模ソフトウェアの挙動を可視化せよ
24時間に1回発生する再現性の乏しい不具合を逃がさない

増大の一途をたどるアプリケーションソフトウェア。プログラムの肥大化に伴い評価工数も比例して増加をしていると言われています。しかしながら短期開発を強いられながらも品質向上に取り組まなければならない組込み開発者にとって、ツール活用は今まで以上に重要となってきています。

TRQerは評価対象の実動作による関数の実行履歴や必要とされる任意のデータを24時間にわたり記録します。この長時間トレース(記録)によりシステム全体のプログラムフローの可視化や、長時間評価によって発生する稀な不具合であっても、実行履歴をたどることで問題箇所の発見に至るはずです。バグを見つける為に費やす工数を、これまでとは異なる手法で削減出来ます。
記録データにはμsecオーダーのタイムスタンプが付加されているので、関数の実行時間の数値化や、システム全体もしくは着目箇所の挙動が見たい場合にも、TRQerは威力を発揮します。 TRQerの動的解析技術は開発者である皆様の評価工数削減とソフトウェアの品質向上に効果をもたらします。

動的解析による品質性能測定ツール

開発コストの70%をテスト工程に費やしていると言われる組込み 開発。新たな品質改善手法にて、即効性のある品質向上とコスト 削減を実現します。

大規模ソフトウェアの挙動を可視化

  •  
  • Point1 関数の任意の引数、戻り値を記録
  •  
  • Point2 大量のデータの中から、自分の設計した関数情報に絞り込む
  •  
  • Point3 全データに絶対日付タイムスタンプを持ち詳細なパフォーマンス測定が可能
  •  
  • Point4 不具合の発生した絶対時間を指定して 高速にデータを頭出し+解析できる
  •  
  • Point5  静的解析技術と連携

製品構成
項目 内容
標準梱包品 TRQer本体
ターゲット接続プローブ
ACアダプタ
macroTRACE-VIEWER
APIライブラリ
Check-Point Tool
主な仕様
項目 内容
対応OS Windows XP Professional 日本語版 SP1以降
Windows 2000 Professional 日本語版 SP4以降
対応機種 上記OSが正常動作する機種
(Intel Pentiumプロセッサ 1GHz以上を推奨)
メモリ:512MB以上
ハードディスク:20MB以上の空き容量
ホストI/F 100BASE-TX/10BASE-T
ターゲットI/F ユーザーシステム側
外部バスI/F:TFM-115-02-S-D(-A) (samtec)
パケットI/F,GPIO I/F:TFM-105-02-S-D(-A) (samtec)
ACアダプタ INPUT:AC100〜240V
OUTPUT:DC12V(センター+)
本体サイズ 255(W)×210(D)×74mm(H)
動作保証温度 +5℃〜+45℃ (ただし結露なきこと)
対応マイコン、言語、OS

ARM,SHなどをはじめ多くのプラットフォームに対応しております。
詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

ページの先頭へ