1. 横河ディジタルコンピュータ ホーム > 
  2. 製品・サービス情報 > 
  3. ARM社純正 開発ツール > 
  4. 統合開発環境 > 
  5. MDK-ARM
統合開発環境
  • DS-5
  • RVDS
  • MDK-ARM
  • KILE Tools
  • ARMサポート
  • Cortex対応ソリューションへ
  • MDK-ARM MPU対応製品検索
  • DS-5評価版
  • MDK-ARM評価版
  • Linuxシステムチューニングのヒント MP3エンコーダをNEONで高速化!
  • CycloneVスタートアップガイド
  • お問い合わせ
  • お見積りのご依頼

MDK-ARM

概要

ULINKpro Debug and Trace Unitは、PCのUSBポートとターゲットシステムをJTAG,CortexデバッグあるいはCortex Debug+ETMコネクタ経由で接続します。 プログラム、デバッグ、独自のストリーミングトレーステクノロジを使用してお客様のアプリケーションの解析を行うことを可能にします。

ULINKproは、MDK-ARMと共に使用し、Cortex-Mデバイスのオンザフライデバッグを提供します。 プロセッサをフルスピードで実行中に、プロセッサの制御,ブレークポイントの設定,メモリ内容のread/writeが可能です。 高速なデータ及び命令トレースをストリーミングでPCへ直接転送し、プログラムの挙動を詳細に解析することが可能です

  • 【ULINKpro/ULINKproD 共通仕様】
  • ULINK2 の機能をさらに強化、拡張
  • シリアルワイヤートレース(SWO)
    ・100Mbit/sec (Manchester Mode)

  • 【ULINKpro 仕様】
  • ETMストリーミングトレース
    ・最大800Mbit/sec
    ・100%コードカバレッジ&
    ・パフォーマンス解析
 

機能

  • ARM7, ARM9, Cortex-M0, Cortex-M1, Cortex-M3, and Cortex-M4 デバイスをサポート
  • JTAGサポート(ARM7, ARM9, Cortex-M)
  • Cortex-M Serial Wire Debug (SWD) サポート
  • Cortex-M Serial Wire Viewer (SWV) データ及びイベントトレース (100Mbit/s (Manchester mode))
  • Cortex-M3/M4 Instruction Trace (ETM)サポート (800Mbit/s)
  • PCへ直接ストリーミングトレースすることによりトレースバッファに実質制限なし
  • JTAGクロックスピード ~50MHz
  • 最大200MHzで動作するCortex-Mデバイスサポート
  • 1MByte/secでの高速メモリ Read/Write
  • Keil μVision IDE及びデバッガと共にシームレスに導入可能
  • ターゲット電圧:1.2V~3.3V、5Vサポート
  • 5V単一電源動作のターゲットをサポートする、5Vアダプタ(オプション)を提供
  • ターゲットからの電気的絶縁を提供するアイソレーションアダプタ(オプション)を提供
  • USB 2.0 ハイスピード接続
  • ホストPCからのUSB接続による電源供給
  • ターゲット接続
    ・10-pin(0.05"ピッチ) :Cortexデバッグコネクタ
    ・20-pin(0.10"ピッチ) :ARM標準JTAGコネクタ
    ・20-pin(0.05"ピッチ) :Cortexデバッグ及びETMコネクタ
 

ULINKproが持つ独自のストリーミングトレース機能

  • アプリケーションのテスト及び検証を通して、プログラム実行のコードカバレッジ情報を取得可能
  • 実行プロファイラとパフォーマンスアナライザを使用して、プログラムのボトルネック、最適化ポイント等のパフォーマンス解析可能
  • ストリーミングでの命令トレースは、ターゲットデバイスにETM(Embedded Trace Macrocell)を必要とします
 

消費電力測定機能

  • Hitex社製「PowerScale」との連携により、μVisionとPowerScale GUIを同期させながら電力消費とシステム挙動の相関関係を把握することが可能
  • 測定ポイントは、4点
  • 測定範囲は、200nA~500mA(デフォルト)。
    プローブを交換により、1mA~1Aの範囲にも対応可能。
    ※μVisionとPowerScale GUIを同期させるには、ULINKproのオプション品で
    あるアイソレーションアダプタが必要となります。
 

5Vアダプタ(オプション)

5Vアダプタは、ULINKpro を5V単一電源動作のターゲット基板に接続するためのオプションです。

機能
  • 1.5V~5.5VのI/O電圧に対応。5V 単一電源に対応
  • JTAG 接続,SWD 接続ともに50MHz まで対応
  • フルスピード・データトレース取得 (SWV)
  • 400Mbpsまでの命令トレース取得 (4pin ETM)
  • ターゲットとの接続コネクタ
    ・10pin Cortex デバッグ (0.05 インチ)
    ・20pin Cortex デバッグ+ETMトレース(0.05 インチ)


 

この5Vアダプタを利用する場合は、ULINKproに標準の20pinリボンケーブルと交換して使用していただく必要があります


アイソレーションアダプタ(オプション)

アイソレーションアダプタは、ULINKpro とターゲット基板との間で電気的絶縁を提供するオプションです。
モータ制御のような高圧スパイクを生み出すかもしれない装置や、一般のグランド接地がないシステムで使用する場合に、このアイソレーション・アダプタは欠かせないアダプタです。

機能
  • 最大1,000V(1kV)のデジタル絶縁
  • JTAG(15MHz)及びSW(20MHz)のハイスピードデバッグ
  • フルスピードデータトレース(SWV)
  • 最大150Mbpsの命令トレース(2 or 4pin ETM)
  • オプションのパワー測定プローブとの同期可能
  • 1.8V~5.5VのI/O電圧対応
  • USBコネクタを使用した外部電源供給
  • ターゲットとの接続コネクタ
    ・10pin Cortex デバッグ (0.05 インチ)
    ・20pin Cortex デバッグ+ETMトレース(0.05 インチ)


 

このアイソレーションアダプタを利用する場合は、ULINKproに標準の20pinリボンケーブルと交換して、使用していただく必要があります。

概要

ULINK2デバッグアダプタは、PCのUSBポートとターゲットシステムをJTAG,SWD,OCDS経由で接続し、プログラム及びデバッグを可能にします。

  • プログラミング+実行制御
  • メモリ+ブレークポイントアクセス
  • シリアルワイヤートレースのキャプチャ(SWO)
    ・1Mbit/sec (UART mode)
 

機能

ULINK2デバッグアダプタは、PCのUSBポートとターゲットシステムをJTAG,SWD,OCDS経由で接続し、プログラム及びデバッグを可能にします。

  • ARM7, ARM9, Cortex-M0, Cortex-Mデバイスをサポート
  • JTAGクロックスピード ~10MHz
  • Cortex-M Serial Wire Debug (SWD) サポート
  • Cortex-M Serial Wire Viewer (SWV) データ及びイベントトレース (1Mbit/s (UART mode))
  • リアルタイムエージェントを使用して、実行中のメモリR/W、ターミナル実行、シリアルデバッグサポート
  • Keil μVision IDE及びデバッガと共にシームレスに導入可能
  • ターゲット電圧:2.7V~5.5V
  • ホストPCからのUSB接続による電源供給
  • ターゲット接続
    ・10-pin(0.05"ピッチ) :Cortexデバッグコネクタ
    ・20-pin(0.10"ピッチ) :ARM標準JTAGコネクタ
  • フラッシュメモリへのプログラムサポート(※ユーザ定義のフラッシュプログラミングアルゴリズムが必要
 

ページの先頭へ