1. 横河ディジタルコンピュータ ホーム > 
  2. 製品・サービス情報 > 
  3. ARM社純正 開発ツール > 
  4. 統合開発環境 > 
  5. MDK-ARM
統合開発環境
  • DS-5
  • RVDS
  • MDK-ARM
  • KILE Tools
  • ARMサポート
  • DS-5,MDK-ARM 評価版
  • ARMマイコンでここまでできる!
デバッグ効率化テクニック
  • FM3搭載スターターキット、TMPM369搭載スターターキット
  • お問合せ
  • お見積り依頼
  • MDK-ARM MPU対応製品検索お見積りご依頼システム

MDK-ARM

smx

smx Softwareは、組込みシステムアプリケーションの開発に特化して設計され、モジュラー構成およびマルチタスク機能を備えたカーネル部分とNetwork、File System、USB等のミドルウェアから構成されます。
これらは、ロイヤルティフリーで使用可能で、KEIL MDK-ARMをサポートします。

SMXイメージ図

■ コスト削減
    最小フットプリントで最大性能を実現し、コスト削減を実施。多くのケースでBOMコストを30%削減
■ 簡単なライセンス形態
    SMX独自のOSソフトウェアで、コードのGPL汚染といった懸念を払拭
■ 高パフォーマンス
    ブートスピードおよびスループットを向上させ、性能と消費電力の有利な条件のもとアプリケーショを実行します
■ 開発者にやさしい
    SMXは移植性の高いANSI Cソースコードおよび資料と、開発者が容易に扱える簡単なAPIで提供されます
■ ARMプロセッサに最適化
    ARM 7/9/11、Cortex-M0+、M3、M4、A5、A8に対応済み


CT-View+

CT-View+は、アプリケーションが動作中に組込みRTOSのパフォーマンスを可視化し、評価するための独自の解析ツールです。
このツールを動作させるのに、RTOSのソースコードやアプリケーションコード内に特別な仕掛けや変更は必要ありません。

CT-View+イメージ図

■ アプリケーション実行中に、システムコールを捕捉
■ サービスコールをハイライトし、どのくらい実行に時間がかかったのかを可視化
■ タスクの稼働状況と遷移、異なるコンテキストによるサービスコールの発生とシーケンスを可視化


ページの先頭へ