1. 横河ディジタルコンピュータ ホーム > 
  2. 製品・サービス情報 > 
  3. 車載向けRAMモニタ > 
  4. RAMScope-EX GT150
  5. [ English ]

車載向けRAMモニタ
  • GT170
  • GT150
  • GT121/GT122
  • RAMScope Support
  • まずは、お気軽にご相談ください お問い合わせ・資料請求・お見積り メールでお問い合わせ

RAMScope-EX GT150

複数ECU内のRAMを同期計測・解析に適した高速モニタツール

RAMScope-EX GT150 シリーズは、制御/測定データ(内蔵RAM値)をリアルタイムに抽出して外部信号と合わせて計測・解析することができる、モジュールタイプのマルチ計測システムです。

RAMScope-EX GT150 の機能

自動車のハイブリッドシステムに代表されるような燃費や電力などのロスを低減させ高効率な制御をおこなうためにはECU間のきめ細かい協調制御が必要になるため、複数ECU内のRAMを同期計測・解析できる環境が求められています。
RAMScope-EX GT150 は、このような測定環境に適した高速モニタツールです。
RAMデータの計測にはマイコンに搭載されている専用のデバッグインタフェースを利用するため、通信用のプログラムを常駐させる必要がなく、制御アプリケーションへの負荷はほとんど発生しません。
また、複数マイコンのRAMデータに加え、CANデータや各センサーからのアナログ信号も同一時間軸で計測することができます。


RAMScope-EX GT150 の特長

  • 複数マイコンのRAMデータ、CANデータ、アナログ信号を同一時間軸で測定可能
  • ユーザーシステムに応じてマイコンのRAMデータ計測モジュール、CAN通信計測モジュール、アナログ計測モジュールを選択
  • 制御アプリケーションに負荷を掛けずにRAMデータを計測・収集
  • RAMモニタ周期:最小5μs(マイコンのデバッグインターフェースやモニタチャンネル数に依存)
  • モニタチャンネル数:最大1024点の計測可能
  • 各モジュールの豊富なイベント機能により計測開始・終了の連携が可能



RAMScopeV (計測アプリケーション)

  • 各モジュールのログデータをPC上のメモリ(またはスタンドアロン用SDHCカード)に個別バッファを設定し収集
  • RAMのシンボル/パラメータ、CANメッセージ/シグナルなどは測定対象単位での設定が可能
  • リアルタイムなグラフ表示、シンボルウォッチ、物理値変換、リアルタイムなメモリ書き換えなどに対応
  • 個別のイベント設定から計測システム収集機能のトリガ連動が可能

シンボル読み込みからリストウィンドウへ登録することにより、表示情報の登録作業を効率化します。
RAMScopeV Image
【画像をクリックすると拡大表示します】

表示系ウィンドウ
【 変数ウォッチ 】 (Read/Write)
RAMScope GT121 Image
【 メモリアクセス表示 】
RAMScope GT121 Image
【 ログデータ表示 】 (測定停止後、測定データ読み込み後に保存されたログデータを表示)
RAMScope GT121 Image
【 ファイルのエクスポート表示 】 (RAMは「MDF」形式、CANは「ASC」形式でファイル出力)
RAMScope GT121 Image
設定系ウィンドウ
【 イベント・ロギングトリガ設定 】
RAMScope GT121 Image
【 CANメッセージ/シグナルの属性設定 】
RAMScope GT121 Image
【 CANシグナルレイアウトの変更 】
RAMScope GT121 Image
【 各モジュールのロギング設定 】
RAMScope GT121 Image

ページの先頭へ