1. Home > 
  2. News > 
  3. プレスリリース( 複数ECU間の同期計測/同期解析が可能なマルチ計測システム「RAMScope-EXG GT170シリーズ」 の販売を開始します)
    • TRQerS評価版無料貸出し
    • JTAG-ICE評価機無料貸出し
    PIC UP CONTENTS
    • adviceLUNA2
    • TCS ECA
    • システムマクロトレース
    • FPGA
    • MDK ARM
    • DS-5
    • NETIMPRESSnext
    • RAMScope
    • microTRACE
    • Xancia
    • Cortex対応ソリューションへ
    • まずは、お気軽にご相談ください お問い合わせ・資料請求・お見積り  メールでお問い合わせ

プレスリリース( 複数ECU間の同期計測/同期解析が可能なマルチ計測システム「RAMScope-EXG GT170シリーズ」 の販売を開始します)

YOKOGAWA 横河ディジタルコンピュータ株式会社

2016年12月13日
横河ディジタルコンピュータ株式会社

複数ECU間の同期計測/同期解析が可能なマルチ計測システム
「RAMScope-EXG GT170シリーズ」 の販売を開始します

横河ディジタルコンピュータ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 古田豊彦)は、ECUソフトウェア開発のための同期計測/同期解析が可能なマルチ計測システム 「RAMScope-EXG GT170シリーズ」 を開発、2016年12月13日より販売を開始致します。
また、「RAMScope-EXG GT170シリーズ」 の発売を記念して、2017年3月までの期間限定キャンペーンを実施致します。
(キャンペーンの内容は、本プレスリリース後半をご参照ください)

RAMScope-EXG GT170

【 RAMScope-EXG GT170シリーズ 】



【 RAMScope-EXG GT170シリーズ の概要 】

RAMScope-EXG GT170シリーズ(以下GT170シリーズ)は、複雑化する車載ECU制御アプリケーション開発を支援する、制御/測定データ(内蔵RAM値)をリアルタイムに抽出して外部信号と合わせて計測/解析することができる、モジュールタイプのマルチ計測システムです。
車載ECUに実装される制御アプリケーション開発は、市場投入までに安全性・性能・品質を保証するためのテストと検証作業のコスト・時間が増大し、生産性の向上が求められています。
GT170シリーズ は、ECU制御ソフトウェア開発における実機の機能・特性検証の効率化を図るために最適なツールとして、データ変化やECU周辺の通信とアナログ信号を同期化したマルチ計測に対応しています。
また、疑似データを動的にRAMに注入するRAMデータ注入機能、疑似ECUノードとしてCANにデータを送信するCAN疑似送信の機能を備えているため、単体テスト/結合テスト/システムテスト支援や特定ソフト処理の検証、及び、機能チェックなどのテスト支援ツールとしても使用することができます。
ASAM規格のXCP、及び、データフォーマットに対応し、他社適合ツールやHILSとの連携も可能です。
海外輸出法規制にも対応しているので、グローバルツールとして使用することができます。

RAMScope-EXG GT170

【 RAMScope-EXG GT170 運用イメージ 】



【 RAMScope-EXG GT170シリーズ の主な特長 】

  • 複数マイコンのRAMデータ、CANデータ、アナログ信号を同一時間軸で測定
  • 最小5μs周期でRAMをモニタ
  • 最新の車載ネットワークCANFDに対応
  • バッテリー、インバータなど高電圧機器の測定が可能な、アナログ信号耐電圧最大1,000V
  • テスト支援機能の実装
  • ASAM標準:XCP on Ethernetに対応
  • 従来製品(RAMScope-EX GT150/GT121)とプローブ互換

RAMScope-EXG GT170シリーズ の詳細は、こちらをご参照ください
⇒  http://www2.yokogawa-digital.com/product/automotive/ramscope-exg_gt170.html



【 「RAMScope-EXG GT170シリーズ」 発売記念キャンペーン 】

RAMScope-EXG GT170シリーズ の発売を記念して、以下のパッケージを、1ライセンス通常価格616,000円(税抜)のところを、518,000円(税抜)でご提供致します。

  • 電源通信モジュール
  • RAMモニタモジュール
  • PCソフトウェア

なお、キャンペーン期間:2017年3月31日までにご発送させていただくお客様とさせていただきます。


横河ディジタルコンピュータ株式会社概要
横河ディジタルコンピュータは、マイクロコンピュータや周辺システムの設計、開発に広く関わる事業を展開してまいりました。特にインサーキットエミュレータ(ICE)分野では、トップクラスの実績を有し、携帯電話、情報家電、自動車、産業機器など最先端の開発現場で数多く使用していただいております。国内ばかりでなく海外でも高く評価されており、米国をはじめ、中国、韓国、東南アジア、ヨーロッパなどにも販売代理店を置きワールドワイドな製品の提供ができるようになっております。また、組込み開発分野における開発プロジェクトのプロセス改善コンサルティングやツールのご提供にも力を入れており、組込み分野を熟知している当社の経験や知識を活かした理想的な開発環境としてご提供しております。

当社は、2017年4月1日より、社名を『株式会社DTSインサイト』に変更致します。
2016年10月より、メールドメインを『@dts-insight.co.jp』に変更致しました。


--------------------------------------------------------------------------------
* 記載の製品は、予告なく仕様変更する場合があります。
* 「YOKOGAWA」のトレードマーク、ロゴ、およびシンボルマークは、横河電機の商標または登録商標です。
--------------------------------------------------------------------------------

製品・キャンペーンに関するお問い合わせ窓口

  • 横河ディジタルコンピュータ株式会社 事業本部 第二事業部
    自動車プロダクトセンター 愛場/須藤

〒151-0053 東京都渋谷区代々木4-30-3 新宿MIDWESTビル
TEL:03-6756-9402 FAX:03-6756-9404
E-mail : info-mvi@dts-insight.co.jp

当ニュースに関するお問い合わせ窓口

  • 横河ディジタルコンピュータ株式会社 事業本部 営業推進Gr
    広報担当 神山/田中

〒151-0053 東京都渋谷区代々木4-30-3 新宿MIDWESTビル
TEL:03-6756-9405 FAX:03-6756-9409
E-mail : press@dts-insight.co.jp

ページの先頭へ