1. Home > 
  2. News > 
  3. プレスリリース(システムの動きと通信データの流れを同時に可視化する、動的テスト/解析ツール『TRQerAM』を開発)
    • TRQerS評価版無料貸出し
    • JTAG-ICE評価機無料貸出し
    PIC UP CONTENTS
    • adviceLUNA2
    • TCS ECA
    • システムマクロトレース
    • FPGA
    • MDK ARM
    • DS-5
    • NETIMPRESSnext
    • RAMScope
    • microTRACE
    • Xancia
    • Cortex対応ソリューションへ
    • まずは、お気軽にご相談ください お問い合わせ・資料請求・お見積り  メールでお問い合わせ

プレスリリース(システムの動きと通信データの流れを同時に可視化する、動的テスト/解析ツール『TRQerAM』を開発)

YOKOGAWA 横河ディジタルコンピュータ株式会社

2015年11月10日
横河ディジタルコンピュータ株式会社

システムの動きと通信データの流れを同時に可視化する、動的テスト/解析ツール『TRQerAM』を開発、
「Embedded Technology & IoT Technology 2015」に参考出展します

横河ディジタルコンピュータ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 古田豊彦)は、システム(ソフトウェア)の動きと通信データの流れを同時に可視化・検証することができる、動的テスト/解析ツール「TRQerAM」(トラッカー・エイ・エム)を開発いたしました。

TRQerAM_Image



近年、身の回りの家電製品・OA機器はもちろん、車載分野、医療分野、産業分野まで、機器の高機能化や制御の高精度化に伴い、マイコン間やコントローラ間などシステム内を流れるデータの通信量は増大しています。
一方で、通信相手のマイコンやコントローラとタイミングを合わせ、不正データに対してはエラー処理を実行しなければならないなど、通信を伴うシステムは複雑さを増しています。
このようなシステムの開発や動作検証には、時に通信の流れとOSを含むシステム全体の動作分析が必要になる場合があります。

『TRQerAM』は、当社既存製品である動的テスト/解析ツール『TRQerS』(*1) のソフトウェア(関数/スレッド)トレース機能に加え、通信データ2系統を同時記録できる機能を備えた、『TRQerS』の機能強化モデルです。
組込み製品・組込み機器の最終評価・検証の現場、さらに最終製品形態での使用を考慮し、機器との接続や設置がしやすいようコンパクトな設計と2mのケーブルを採用しています。また、システム動作検証中に気になったタイミングをトレースデータにマークしておくことで、長時間(8時間以上)にわたる大量のトレースデータの中からでも目的箇所を簡単、高速に見つけ出すことができます。

車載情報システム(カーナビなど)における本体システムと同期した音声信号/映像信号処理、車載制御システムにおけるECU間のCAN通信、複合機(MFP)におけるシリアル通信など、通信の流れとOSを含むシステム全体の動作検証・動作分析がしばしば必要になる実環境で効果を発揮します。

(*1) 「TRQerS」(トラッカー・エス):
ソフトウェア(関数/スレッド)の実行状態をチャート表示することでシステム(ソフトウェア)の動きを可視化・検証することができる、マルチコア対応の動的テスト/解析ツールです。

TRQerAM_Image

■ 『TRQerAM』の特長

  • ソフトウェア(関数/スレッド)×1系統、通信データ×2系統のデータを同時に記録可能
  • スタンドアロン(PC未接続)動作可能
  • 8時間以上の長時間記録が可能
  • 可搬性、設置性に優れたコンパクトサイズ(80mm×165mm×35mm)
  • 機器や装置内部の狭小空間での接続性を高める2mのロングケーブルを採用
  • 大量トレースデータから目的箇所の高速検索を可能にするリアルタイムマーカー機能

■ 『TRQerAM』、『TRQerS』共通の特長

  • 実動作でのプログラム(関数/スレッド)の動きを記録し、ソフトウェアの実行状態を可視化
  • マルチコアに対応
  • 品質・性能測定機能(プロファイル/CPU使用率/カバレッジ)

■ 展示会参考出展
『TRQerAM』は、2015年11月18日(水)~20日(金)にパシフィコ横浜で開催される「組込み総合技術展2015/IoT総合技術展2015」(Embedded Technology & IoT Technology 2015)に参考出展します。
ぜひ弊社ブースにお立ち寄りください。
「組込み総合技術展2015/IoT総合技術展2015」の詳細はこちらをご覧ください。
/news/news_es_20151118_et2015.html

横河ディジタルコンピュータ株式会社概要

横河ディジタルコンピュータは、マイクロコンピュータや周辺システムの設計、開発に広く関わる事業を展開してまいりました。特にインサーキットエミュレータ(ICE)分野では、トップクラスの実績を有し、携帯電話、情報家電、自動車、産業機器など最先端の開発現場で数多く使用していただいております。国内ばかりでなく海外でも高く評価されており、米国をはじめ、中国、韓国、東南アジア、ヨーロッパなどにも販売代理店を置きワールドワイドな製品の提供ができるようになっております。また、T-Engineに代表される各種プラットフォームやWindows Embedded CEなどの開発キット、さらには組込み開発分野における開発プロジェクトのプロセス改善コンサルティングやツールの提供にも力を入れており、組込み分野を熟知している当社の経験や知識を活かした理想的な開発環境として提供しています。
(http://www.yokogawa-digital.com/)

当ニュースに関するお問い合わせ窓口

[お客様からのお問い合わせ先]

  • 横河ディジタルコンピュータ株式会社 エンベデッドソリューション事業統括本部

〒151-0053 東京都渋谷区代々木4-30-3 新宿MIDWESTビル TEL:03-6756-9405 FAX:03-6756-9409
E-mail : info-impress@dts-insight.co.jp

[報道関係者からのお問い合わせ先]

  • 横河ディジタルコンピュータ株式会社 広報担当 : 植

〒151-0053 東京都渋谷区代々木4-30-3 新宿MIDWESTビル TEL:03-6756-9400 FAX:03-6756-9401
E-mail : press@dts-insight.co.jp

ページの先頭へ