1. Home > 
  2. News > 
  3. 展示会・イベント(人とくるまのテクノロジー展2015 出展報告)
    • TRQerS評価版無料貸出し
    • JTAG-ICE評価機無料貸出し
    PIC UP CONTENTS
    • adviceLUNA2
    • TCS ECA
    • システムマクロトレース
    • FPGA
    • MDK ARM
    • DS-5
    • NETIMPRESSnext
    • RAMScope
    • microTRACE
    • Xancia
    • Cortex対応ソリューションへ
    • まずは、お気軽にご相談ください お問い合わせ・資料請求・お見積り  メールでお問い合わせ

展示会・イベント(人とくるまのテクノロジー展2015 出展報告)

横河ディジタルコンピュータは人とくるまのテクノロジー展2015に出展しました

展示会概要

 

2015年5月20日(水)~5月22日(金)にパシフィコ横浜で開催された、「人とくるまのテクノロジー展2015」に出展しました。
当日は多くの客様にご来場いただき、盛況のうちに会期を終えることができました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

出展・デモ内容

 

CANプログラミング&ロガーツール
【新製品】「NETIMPRESS air」を出展します。
「NETIMPRESS air」は、ECU開発工程から評価・フィールドサービスまで、幅広く使用できるコンパクトなCANツールです。
CAN経由でのプログラミングやCANデータのロギングをワイヤレス環境で実行・取得することができます。
また、実験ベンチでのECU自動テストや製造ラインでの機能評価など、用途に応じて機能をカスタマイズすることもできます。
ラインでの導入利便性を追求し、より安全で高速な生産ライン向けフラッシュプログラマ「NETIMPRESS next」の展示も行います。

 

ECU-制御ソフト検証ツール
車載ECUベクトル制御の処理データ変化を動的に捕獲する、モータ制御マイコン向け実機検証ツール「RAMScope-EX」をデモンストレーションと併せてご紹介します。
回転ローラの上に模型自動車を載せて、駆動状態を「RAMScope-EX」でモニタする動態デモ展示を予定しています。
  ① RAMScope-EX GT150シリーズ(動態)
  ② RAMScope GT121 (静態)
  ③ MCUプローブ GT102H08 (動態)
  ④ 車載プローブ GT103xx (静態)

 

トレーサビリティ管理・静的コード解析
機能安全やISO26262等の規格に対応するために新しく環境整備をおこなうには、多くの時間と労力を必要とします。
「microTRACER」は、短期間でのトレーサビリティを実現します。
SysML、UMLやモデルツールとの連携を実現し、これまで以上に既存リソースを有効活用し、容易にトレーサビリティを実現できる最新の環境をご提案します。
また、日産自動車と印タタコンサルタンシーサービシズ社によって共同開発された静的解析ツール「TCS Embedded Code Analyzer(TCS ECA)」は、車載ソフトウェア開発において多くの利用実績があり、高い品質が求められる車載ソフトウェア以外の開発においても効率の良い品質改善を実現することができます。

 

EMC技術教育コンテンツ/トレーニング <(株)ワイ・ディ・シー様>
クルマの急速なエレクトロニクス化とそれに伴うEMC問題の急増により、EMC技術の標準化や社内展開について多くのご相談をいただくようになりました。
それらのご要望にお応えするため、弊社ではEMC技術教育用コンテンツを新規に開発。
「株式会社デンソー様」をはじめ多くのメーカ様で続々と御採用をいただいています。

ページの先頭へ